月別集計 -Work Log - Monthly report

◎集計表の操作

MonthlyRep_GrayBig

View Top

MonthlyRep_Top1

1。。。表示する月の切替

2。。。今日へ移動、スクロール

 

Scroll View

MonthlyRep_Top2

3(tap)。。。時刻修正画面へ移動

4(press & hold)。。。メモの編集

5(swipe)。。。表示する月の移動(Ver.2.8.15)

 

※セルが小さく画面操作しづらい場合、

縦方向にピンチすると(pinch-out),

若干セルの高さが高くなります

元に戻すには,逆方向にピンチします(pinch-in)

Ver.2.8.15より

MonthlyRep_Top5 MonthlyRep_Top6

 

※2週、4週区切りの集計表の場合

見出しをタップする毎に、集計の開始ポイントを切り替えることができます

2週区切り
 奇数週始まりScreen_Shot_2016-05-13_at_7_47_23 偶数週始まりScreen_Shot_2016-05-13_at_7_47_18

4週区切り
Screen_Shot_2016-05-13_at_7_46_29 Screen_Shot_2016-05-13_at_7_46_37 Screen_Shot_2016-05-13_at_7_46_48 Screen_Shot_2016-05-13_at_7_46_54

 

View Bottom

MonthlyRep_Top3

6(press & hold)。。。集計表示の切り替え
※プロファイル設定によっては切替が出来ない場合有り

7(double tap)。。。休日の出勤表示

◎時刻の修正方法(上の3の操作後)

タイムレコードで記録した時刻の修正をしたい場合
休暇を記録したい
手入力で記録したい場合
該当日の行(セル)をタップします

EditTime01

①:稼働日と休業日の切替

 

:③の時刻全てをクリアします
休暇はクリアされません
休暇のクリアは、④の”クリア”ボタンでクリアします

※休業日に切り替えると”月別集計”の該当行の背景色が赤に変わります
③:各テキストフィールドをタップすると、テンキーパッドが出現します
時刻は、必ず数字3ケタもしくは、4ケタで入力してください
”02:00”を入れたい時は、テンキーパッドから”200”と入力します
④:該当日の休暇を設定します

休暇の日数はプロファイル設定Profile@2xで設定します

 

”back”ボタンを押した時に、ここで設定した値が確定します

 

”定時”ボタン

あらかじめ設定された標準勤務時間の時刻を出勤、退勤欄に記入します

数字を打ち込む手間が省けます

※標準就業時間の設定が無い、フレックス制、固定給制プロファイルでは表示されません

標準(Standard)プロファイルの場合

EditTime02

 

シフト(Shift work)制プロファイルの場合

EditTime03

シフトを選択後、定時ボタンを押してください

 

パート/アルバイト(Part-time)プロファイルの場合

EditTime04

シフトボタンでシフト選択後、定時ボタンを押すと
そのシフトの標準就労時刻で記録します

EditTime05

 

時刻修正画面をスワイプして切り替えます

右から左にスワイプすると。。。。メモ編集

EditTime06

月別集計欄の長押しと同じ動作をします
メモの修正、入力が終わったら画面を左から右にスワイプして、時刻修正画面に戻るか、
”Done”→”back”で一覧表示に戻ります

右にスワイプすると。。。費用記録

EditTime07

画面に移動直後は、title、cost欄が空欄ですので、
分類(交通費、購入、飲食、その他)を選択
title、costを入力

saveボタンで保存します

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。