【P-Time Rec V2】プロファイル設定、Profile setting

”プロファイル”という単位で、各種設定を記録します。

時間記録/計算、給与計算は、こちらの設定を基に算出します。

プロファイル選択後に、設定項目を操作するには、画面をスワイプします

プロファイル

①追加

②複写
選択されているプロファイルと同内容を複写します

③削除
※プロファイルが2つ以上登録されている場合に出現
プロファイルの削除と共に、記録も全て削除されます

④プロファイルリスト
登録済みのプロファイルのリスト
プロファイルの切替はリストのセルをタップ

 

プロファイル名編集(Profile)

プロファイル名を変える場合にタップ

年度開始月(Fiscal month)

年間集計(Annual report)でまとめる際の開始月を選択します

給与計算方法(Payroll method)

このアプリでは、給与計算を2つの方法で計算することができます

シフト毎に時給が決まっている場合(By shift)。。。シフト設定で設定した時給で算出します

時間帯毎に時給が決まっている場合(By time zone)。。。シフトの時間とは別に、時間帯別に時給が決められている場合。


給与計算方法
(Payroll method)

シフト毎時給に対しての計算方法と

時間帯別の時給に対しての計算方法の2種類

さらに。。。

シフト毎に始業/終業時刻が決まっている場合と

就業時間のみ決まっている場合の2種類

計4種類が選択出来ます


シフト毎の計算(By shift)

1.始業、終業時刻が決まっている場合

①シフト編集

就業時刻。。。始業/終業時刻を指定

休憩時間。。。シフト中の休憩時間(開始、終了)

時間外割増率。。。指定された終業時刻を越えた場合を時間外とします。その時間外の時給割増率

②シフト追加

シフトを追加する場合はタップ

シフトを削除する場合は

セルを左にスワイプ(swipe)

2.就業時間が決まっている場合

シフト編集

就業時間。。。始業/終業時刻は任意の時間

休憩時間。。。そのシフト中に控除する休憩時間


時間帯毎の計算(By time zone)

3.始業、終業時刻が決まっている場合

4.就業時間が決まっている場合

 

タイムゾーンの設定

時間帯で時給が決まっている場合に選択します

時間帯と時給の組合せをゾーンタイプとして複数設定することが出来ます

このセルをタップ指定ゾーンタイプを追加します(Add zone type)

 

 

①ゾーンタイプの名称

名称を変える場合は、①のボタンをタップ

②設定されている時間帯の数

③時間帯のリストを表示するか否かのボタン

 

ゾーンタイプを削除する場合は、左にスワイプ

※ゾーンタイプ選択時は、時間外計算を行いません。


時刻の丸め(切り捨て/切り上げ)
(Rounding)

丸め時間(Time unit)

記録する時刻を1、5、10、15、30分単位の中から選択します

5、10、15,30分単位を選択した場合は、始業時刻、終業時刻に対しての時刻の丸め方をそれぞれ選択することが出来ます

定休日(Regular today)

7曜日の任意の定休日を選択します

有給休暇日数(Paid holidays)

有給休暇の日数増減値を設定します

集計期間(Period)

1、2、4週間、半月、1ヶ月の集計期間から選択します

開始日、開始曜日

集計開始の日、曜日の選択

手当て

手当て付与の単位別に金額設定します

休日に出勤した場合の手当てもこちらで設定します

 

※給与計算方法がシフト別(By shift)選択されている場合

時間外計算の有無

時間外判定

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。