mini Mem増設&HDD換装


iPhoneアプリ開発用に衝動買いした、Mac mini(2009Early)です
とりあえず、iGotcha3審査入ったらやろうと決めてたのが、
MemとHDDの換装
Memは4GB→8GB(CFD Elixir 4GBx2;アマゾン購入)
HDDは120GB→500GB
HDDは今回新規に購入しましたが、MemはWinノートのものを
とりあえず使ってみることに。
miniのファームを1.2にすると8GBでも安定するとのことで
ちょっと疼いてしまいました
※手順については、他多数詳しく紹介されてますので、補足程度に書いておきます
ホームセンタでスクレーパも購入。
2本お使いの方もいらっしゃいますが、本体後部側の側面の左右から
徐々に前にずらしてこじると、自然に前側も爪がはずれました。
スクレーパ1本でもいけますよ
スクレーパ差し込む時に、
テレカ2枚入れて、傷をつけないようにする方法も提案されてますが、
スクレーパの先のとがったモノ用意しておくと,テレカは必要なさそう。
そもそも、テレカ今は持っていないし。。。
”カツン”というところまでスクレーパ差し込むと、放射ノイズ対策用のガスケットが貼り付けてあるので、それを痛めたくないという人は、
その位置から少し上に(5mmもあれば十分かな)上げて、コジコジ。

ディスクユニット留めているビス4本外して、アンテナ外して
内部がご開帳。
このビスを外すドライバは、プラスドライバで良いのですが、
ビットの太さは3mm位が良いでしょう。ビット長は長ければ長い方が○。
出来ればビットは帯磁させた方が取り付けの時も苦労しません。
画像の青矢印がMem、黄矢印がHDD。よくもまあこんなに綺麗に納めたものよ。
赤矢印がオーディオ系のコネクタ

後の仮組の時につけ忘れてて、音が鳴りませんでした。
購入時のMem換装をAPストアに頼んで、同じ症状で後日クレームで持ち込んだら
修理後お詫びのTシャツいただきました。(そう言えばまだ着てないなあ)
無線Lan、Bluetooth用アンテナは計3つ。2つは外せましたが、残りが頑ななため、諦めコネクタから抜きました。
コネクタ(非常に小さいので)入れる時は、ピンセットあった方が位置合わせしやすいかと思います。
もっと埃がたまっているかと思いましたが、それ程でも無かった。
CPUファンが小さいから吸い込む量がそもそも少ないのね。

換装終わり仮組状態で通電テスト。ついでにOSインストール。
(ちなみにディスクユニットのねじ留めてません)
クリーンインストールは初めてだったのですが、結構時間掛かりますね。

最初、残り時間30分から始まり、インジケータ半分位までは
ずっと20分後半を表示。どんだけ正確なの?

というわけで、8GBメモリも現在安定して動いてます
あっーすっきりした。
※あくまでも一例の記事としてお読みください
※非公認な作業なので、個人の責任においてご判断、実施してください

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。