Lionが発売になりました。早速。。。

先日、メモリ、HDDを換装し、Snow Leopardをクリーンインストール
しておいた、開発マシンのminiに
発売間もないLionをインストールしました
インストールは1時間強。
相変わらずインストール中の残り時間の精度の低さには
イライラさせられました
”残り1分”とか表示してから、30分以上待っても
何も変化なし。
”今何をしようとしているのか”の詳細を表示とか、
HDDアクセスLEDが少なくとも有ればこんなことはしないのですが、
電源ボタンを長押しして、電源ブチ切りし再起動させました
(お勧めはしませんが)再起動後(恐らく)問題なく起動し、
Timemachineからバックアップでほぼすんなり元にもどりました
”ほぼ”というのは、一部Lionに非対応のアプリが戻せなかった
だけ、ほとんど使っていなかったので気にしないことにしました
(そのうちアップデータが出るでしょう)
Lionになって全体に少し軽くなった気がします
xcode4が起動できなかった時は、ちょっと焦りましたが、
APPストアにアップされているxcode4が対応済みなので、ダウンロード→再インストールで問題なく開発を続けられてます。
SDKの再インストールは不要でした
UIが改善、進化したとのことですが、トラックパッド持ってないので
そこらは楽しめていません
まっ、そのうちに

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。