【Tips】XCODE4.2.1でiOS5.1対応

iOSアプリ開発用のXCODEは現在4.3
でも、これはLion用でSnowLeopard用は最新でも4.2.1
先日までLion上で4.3使ってましたが、どうも気に入らない
※以下の内容は私だけの環境で起きていることかもしれませんが
何がというのは。。。
クラスの生成で
4.2.1では、 [hogeclass alloc]init] とここまで打った段階で
      [[hogeclass alloc]init]と頭の[を自動で付与してくれてた
とか、
@property など打っている途中で候補表示し、自動で補完してくれるのですが
4.3だと、tabやreturnで確定するとキー押した位置から2重で補完してくれるという
ありがたいバグ(だと信じたい)が有る
(自分の環境にATOK入れているのでその関係かと思いきや、ことえりでも同じだった)
使ったことの無い人からすると、大したことでは無いように思われるかもしれませんが、
一つのプログラムの中で何度も書かなければ成らない部分が、
バグだったり仕様変更のために操作が増えるとすごくストレス溜まる。
そもそも、iPhone本体のOSバージョンをアップしてしまうと、
XCODE側もそれに合わせて上げないと、iPhone実機にプログラムを転送出来ないという
仕様、方針なのが”いけず”なのです。
つまり、今回のiOS5.1にiPhoneバージョンアップしてしまうと、MacにLionを入れて、XCODEを4.3にする必要があるわけです。
iOS 5.1にしたらiPhoneの動作も軽くなったので、5.0には戻したく無いし。。。
と、探してみたらDeveloper Forumsに有りました。
SnowLeopardでiOS5.1開発の環境を構築する方法。
という訳で、今はSnowLeopard上のXCODE4.2.1で開発続けています。
開発者の方で、もし同じような不満を抱いている方いたら是非お試しを
いずれSnowLeopardもXCODEの使用対象外になるでしょうから
それまでにはXCODE元に戻すなり、まともなバージョンアップを願ってます

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。