【e時管】Ver.2.5申請→中断→再申請

昨日、e時管ユーザの方から不具合の報告をいただき
修正を優先し、まだ審査前であったので
差し戻して再度申請致しました。
問題の内容は。。。
深夜時間帯の時間計算について
日またぎの勤務時間設定において、
休憩時間の控除と、深夜時間計算に誤りがありました。
十分確認をとっていたつもりですが、
同様の問題でお困りの方には申し訳ありませんでした。
日中の時間計算では発生しない問題ですので、引き続き
お使いください。
早速修正をし、再度申請をいたしましたので
もうしばらくお待ちくださいませ。
なお、この問題修正に関連して以下の対策も実施しました
1.”タイムレコード”を使って日またぎの出退勤を記録する場合、
  2日目の外出、帰社、退勤の打刻が
  2日目に記録され、都度時間修正が必要であった問題の対策
  安いタイムレコーダには起こりうることですが。。。
  
以下の例で設定した条件は、
  勤務形態:標準  勤務時間:21:00~06:15
  休憩時間:0:00~1:00,3:00~3:15です

  9日の21:00で出勤打刻したとします
  翌日の6:15に退勤打刻すると、現行バージョン(Ver.2.4)では
  10日の退勤に打刻されてしまいます
  <改訂>

9日分の出退勤記録として(10日の)退勤時刻を9日に記録します
この様に記録するためにはいくつか条件がありますが、
最低限、この例で言えば9日の出勤打刻が最低限必要です9日の出勤打刻が無いと10日の欄に退勤打刻します
2.日またぎの”出勤打刻サポート”機能修正
 半自動で出勤打刻する”出勤打刻サポート”は、日をまたいだ
 翌日になると機能していないことが今回わかりましたので
 これを修正致しました。
———————————-
ver.2.5リリースまでもうしばらくお待ちくださいませ。
追伸
今回対策がすぐに出来たのは、お知らせいただいたユーザ様が
設定された条件と不具合の内容を詳しくお知らせいただいたことによります。
何か不具合と思われる症状があった場合は、設定の内容(勤務形態、就業時間、休憩時間など)
をお知らせくださいませ。

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。