e時管/eTMS

Icon
e時管/eTMS

Category:Buisiness、Productivity(Paid App)

iPhone4/5,iPod touch iOS7以降対応

e時管/eTMS頒布終了

 

image24HELP

Ver.3.6.0の変更箇所はこちらの記事を参照

Ver.3.5.0の変更箇所はこちら

Ver.3.4.0の変更箇所はこちら

etms31006_01 etms31006_02

  • 日々の忙しい仕事の中でも、しっかり時間管理。シンプルな操作で毎日の入力作業も楽々
  • 単一シフトの標準的な勤務形態に加え、シフト、フレックス、固定給、パート/アルバイト向けにも対応
  • 日またぎ、月またぎ、年またぎの時間計算はもちろん、日々の残業、深夜残業、休日出勤の計算にも対応
  • 個別のプロファイルを制限無く記憶できるので、仕事掛け持ちの方、複数アルバイト抱える事業主の方にもピッタリ
  • 始業時間を設定しておくと、出勤時間を始業時間に丸める便利機能搭載
  • ”出勤”打刻せずに半自動で出勤時刻を打刻する便利機能
  • 日々の入力作業に併せて、メモを残せます
  • 月別の集計結果をメールで転送出来ます
  • 月々の働き方、前年との比較がグラフで可能
  • 各プロファイル別の設定項目、対応は以下の通りです

:対応済み :一部対応 :対応不可 Bar_Green:未対応、もしくは不必要と判断したもの

 

設定項目
※数は設定可能数
標準
(単一シフト)
シフト制 フレックス制 固定給制 パート/アルバイト
プロファイル名変更
勤務先が複数ある場合には、勤務先等雇用者別に名前を入力するなど、自由
標準就業時間 1 6 Bar_Green Bar_Green Bar_Green
出勤時間の丸め処理を行うために使用
シフト Bar_Green 6 Bar_Green Bar_Green 6
シフト名変更 Bar_Green Bar_Green Bar_Green
”早番”、”遅番”など任意設定
丸め時間 1339554110_back 1339554110_back 1339554110_back 1339554110_back
時間の集計単位(1,5,10,15,30分から選択)、”出勤”は、丸め時間の後の時刻、”退勤”は、丸め時間の前の時刻に丸めます、”タイムレコード”、”月別集計”の時刻修正両方で機能
定休日(曜日) Bar_Green
定休日以外の会社休日設定
”月別集計”で日単位で設定可能
有給休暇設定 Bar_Green
残日数の確認、休暇日数の増減値入力
休暇処理(有休) Bar_Green
時刻入力は無視、有給休暇設定値から1日減
休暇処理(半休) Bar_Green
有給休暇設定値から0.5日減
休暇処理(特休) Bar_Green
有休日数からの減算無し、1日単位、有給処理
休暇処理(代休) Bar_Green
有休日数からの減算無し、1日単位、会社非稼働日扱いとし無給処理
休憩時間
プロファイル別に設定、シフト制orパート/アルバイトのプロファイルの場合はシフト別に設定、設定数制限なし
起算日
起算日とは毎月の締め日の翌日(”月別集計”表示の1行目の日付、表題は起算日月で表示)
時給 1339554110_back 1339554110_back 1339554110_back
休日手当 Bar_Green
固定金額、休日時給のいずれかのみ設定可
就業開始時間丸め処理
ON/OFF切替設定、”タイムレコード”で”出勤”を記録した時のみ機能
設定された始業時間の1時間前以内に、”出勤”を記録しようとする時のみ機能
シフト制の場合、”タイムレコード”画面でシフト選択の必要あり
時間外割り増し処理
ON/OFF切替設定
”出勤”→”退勤”から、”外出”→”帰社”の時間を控除して、含まれる休憩時間も控除して。。
・清算期間の(稼働日)×8時間を超える時間(フレックス制)
・設定された標準勤務時間を超えるもしくは、8時間を超える時間(標準)
・シフト別に設定された標準勤務時間を超える(シフト制)
を時間外として処理します
深夜割り増し処理
ON/OFF切り替え
デフォルトは22:00~翌05:00時までを深夜時間として処理します
プロファイルの設定で任意の時間を深夜割り増し時間帯に設定出来ます
同日複数の出退勤記録
△は”外出”→”帰社”の時間控除可という条件なら
”出勤”→”外出”、”帰社”→”退勤”の2回記録可
○は、選択したシフトが異なれば2回記録可
始業時刻の自動打刻
標準プロファイルのみの機能
標準就業時間設定が無いプロファイル、シフト切替が必要なプロファイルでは
実施不可

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。