【e時管】Ver.3.1申請しました

今回の変更点は。。。
1.タイムレコードで記録完了のサウンド追加
2.タイムシフト機能の追加
休日出勤処理の見直しと月給計算の処理は、その後にしました
ひとまず出来たところからということで。。。
++++++++++++++++++++++++++++++++
1.タイムレコードで記録完了のサウンド追加
時刻記録が完了した時の、これまでのテロップ表示に加えて
サウンドとバイブレーションを追加しました
++++++++++++++++++++++++++++++++
2.タイムシフト機能の追加
-15分~+15分までの5分刻みで、
実時刻からタイムレコードの時刻をずらす機能を追加しました
事業者向けの機能としてお使いください
++++++++++++++++++++++++++++++++

タイムレコードの画面右下に”i”(info)ボタン追加しました


①バイブレータの設定
 バイブレータ搭載のデバイスで有効です。
 バイブレータ非搭載のデバイスでは、Onにしてもスルーします
②サウンドの設定
 ③で設定したMP3ファイルを再生します
③サウンドファイルのリスト
 デフォルトの音源を4つ用意しました。
 オリジナルの音源を追加したい場合は。。。
 iTunesの”デバイス”
→”App”
→”ファイル共有”
→e時管クリック
→”追加”ボタンをクリックして、任意のMP3ファイルをデバイスに追加します
音源の設定
リストのセルをタップしていただくと、左にチェックマークが付きます。
またリストの音源をタップする毎に、試聴も出来ます。
音源の削除
リストのセルを右にスワイプして、”削除”ボタンタップで削除します。
但し、デフォルトの4音源は、削除されません
———————————————
④タイムシフト設定
デフォルトは、0です。通常は”0”でお使いください。
+は、実時刻より後(進める)、-は、前(遅らす)になります。
単位は分です。
この機能の追加で、ステータスバーは非表示にしました。

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。